おかしいものはおかしいと思う

SUCSUC Creativeの小池です。


ビックリしました。

いつも通りにMacで仕事をしていて、
ふと気付いたらデスクトップが空っぽになっていたんです。

わぁ、スッキリしてる♪

じゃなくて、慌てて調べてみたら
すぐに対処法が紹介されているページが山ほど見つかりました。
わりとよくある不具合のようですね。

・Finderを再起動しましょう
・それでもダメなら無料の復旧ソフトをダウンロードしましょう
・バックアップをとりましょう

ふんふん、なるほどね。
まぁバックアップは普段からとってるから無問題^ ^
良かった良かった^ ^


・・・じゃ、ねーわ!


いや、そもそもおかしいでしょ。
対処法の紹介ページに
「Macのファイルは、ユーザーが知らないうちにデスクトップから消えることがあります。」
ってみんな書いてるけど、
ちょっと待ってよそれダメなやつでしょ。
消えることがありますじゃないから。
消えんなって話だから。

久しぶりにものすごく腹が立ったのですが、
あれ?こういう感覚って初めてじゃないな?
と思ったのです。


感覚がマヒしてること、ありません?


宇宙一どうでもいい情報ですが、
私は豆腐が大好きです。
スーパーで一番安い豆腐を買ってきて毎日食べています。

でもね、そういう豆腐って、
手でパッケージ開けにくいんですよ。
上面の透明なフタを手で適当にめくろうとすると、
所々接着が残ってささくれみたいになっちゃうんです。
そういう場合は仕方ないから包丁で中身の豆腐に沿ってフタを切るのですが、
毎回毎回イライラします。
しかもそういうパッケージに
「創業○十年」
とか書いてあったりすると、
「何十年もの間おまえら何してたんだよ!」
と、イライラがピークになります。


私の心が狭いだけじゃない(と思う)


「こういうもんだから仕方ない」

そういう感じで感覚がマヒしたままにしていることって、
実はけっこう色々あると思います。
ビジネスの場面でもそうです。
お客様に毎回のように質問されることや、
何度も同じ説明をしていることは、
見直してみるともしかしたら良いことがあるかも。


SUCSUCでは、そのような改善のヒントになる内容を
たくさん発信しています。
ぜひ一度動画ページを覗いてみてください^ ^

動画ページへ


小池 さやか
株式会社SAVIE代表取締役
1982年生まれ
デザイン会社勤務を経て、結婚を機に独立。 その翌年、元旦那に貯金全額を使い込まれて30歳で一文無しのバツイチになる。 死に物狂いで働いて一年間で資本金と引っ越し費用を貯めて株式会社SAVIEを設立。
社名の由来は3匹飼っているサビ猫から。
趣味はバイクツーリング。