「タダ仕事が多い…」と嘆くあなたに質問です

SUCSUC Creativeの小池です。


「ちょっと教えてほしいんだけどさぁ」
「簡単で良いから、空いた時間にちゃちゃっとやってよ!」

みたいなことをお客様から言われてしまった経験、
みなさま一度はあるかと思います。

ありますよね。

だって、サービス業の個人事業主あるある
ぶっちぎりの一位(小池調べ)ですもん。笑


これ、めっちゃ嫌ですよね。


え?タダでアドバイスしろってこと?
私の知識と経験をあなたにタダで教えるの?私の時間を使って?
「ちゃちゃっと」って何???

頭の中は?マークの嵐です。

しかも、「仕方ないか、大事なお客さんだし」
と思って少しだけ対応してあげると、
そのお客様は大喜びで、次から次へと要求してきたりします。

かの20世紀の巨匠、パブロ・ピカソの有名な逸話があります。

ある日、ピカソは街である女性に呼び止められました。
「私はあなたの大ファンです!この紙に絵を描いてください!」
ピカソはそう言って差し出された紙に30秒で絵を描いて、
「この絵の値段は100万ドルです」
と女性に告げました。

「えっ、描くのに30秒しかかかっていない絵の値段が!?」
と驚く女性に、ピカソはこう言いました。

「お嬢さん、それは違う。30年と30秒ですよ」


さすがピカソーーーーー!!!!!
そう!!!
まさにそういうことですよね!!!!!

どんなに簡単に見えることでも、
それが簡単にできるようになるまで
私たちは膨大な時間と努力、そしてお金をかけてきているわけです。

そういった背景を見もせずに、
「簡単だからタダでやってよ★」
などと言ってくるとは、とんでもなく失礼ですよね!
ぷんぷん!


どうしてこんな失礼な事態がいたるところで発生するのか?


さて、ここで質問です。

普通に考えたら超ド級に失礼なことなのに、
どうして世界中のサービス業の個人事業主が同じことを言われているのでしょう?

全ての人類が失礼な生き物だから?

そうじゃないと思います。
私たちは自分の商品・サービスに誇りをもっているので、
タダ仕事は嫌だし、言われると悲しい気持ちになります。
そして、言ってきた人に対して怒りすら抱きます。

でもね、ちょっと冷静に考えてみて欲しいのです。

その人は本当に悪気なく、
純粋にあなたのスキルを信頼して、
頼ってきてくれただけなのかもしれないのです。

だって、普通は見えないし、
知ろうともしないものじゃないですか?
その人がこれまでに歩んできた人生なんて。

「私はこんなに苦労してこのスキルを身に付けたのに!」
といくら憤ってみたところで、
その詳細が顔に書いてあるわけじゃないですもん。

いくら強く思っていても、
他の人には見えないのが普通なのです。


じゃあ、見えるようにしてみましょう!


今回の結論としては、
ピカソに倣おう!
ということです。

お客様が本当に悪気なく言っているのか、
もしくは買い叩こうという下心を持っているのか、
判断するためにもハッキリと

「ここから先は有償です」

と告げてみましょう。

「そんなこと言って、お客様から嫌われないの?」
と怯んだ方へ。

逆です。

そう言われて怒るようなお客様は、
あなたが人生をかけて提供している商品・サービスに相応しくないのです。

自信を持って正々堂々と伝えましょう。

少なくとも私の大切なお客様には
こうお伝えして怒るような人は一人もいません。



SUCSUCは、
「安くて早くて言うこときいてくれるから」ではなく、
「他の誰でもないあなただから」とお客様から選ばれるようになることが
強い個人事業主のポイントだと考えています。

そのためのヒントをたくさん発信していますので、
ぜひ一度動画ページを覗いてみてください^ ^

動画ページへ


小池 さやか
株式会社SAVIE代表取締役
1982年生まれ
デザイン会社勤務を経て、結婚を機に独立。 その翌年、元旦那に貯金全額を使い込まれて30歳で一文無しのバツイチになる。 死に物狂いで働いて一年間で資本金と引っ越し費用を貯めて株式会社SAVIEを設立。
社名の由来は3匹飼っているサビ猫から。
趣味はバイクツーリング。